未経験でも分かる! Illustrator(イラストレーター)の使い方1
未経験でも分かる! Illustrator(イラストレーター)の使い方2の続きです。
今回はイラストレーターの使い方3ということで、図形を描いたり、画像を切り取ったり、影を付けたりなど、デザインを行う上で初歩的かつとても使用頻度の高いツールをご紹介していきます。

【目次】
1.図形ツール
2.パスのアウトライン
3.不透明度の設定
4.クリッピングマスク
5.オブジェクトへの効果の適用
6.まとめ

1.図形ツール

四角形、楕円形、多角形、星形などが描けます。

図形ツールで図形を描く練習

練習1 「長方形ツール」でクリック&ドラッグし、四角形を描いてみよう。

練習2 「楕円形ツール」で円を描いてみよう。

練習3 「多角形ツール」で6角形を、「スターツール」で星を描いてみよう。

6角形

①多角形ツールに切り替えて点をクリック。
“半径に12”“辺の数に6”と入力。

※ドラッグして描くこともできます。
※ドラッグ中にで頂点の数を変更できます。

①スターツールに切り替えて点をクリック。
“第1半径に10”“第2半径に5”“点の数に5”と入力。

※Shiftを押すと上下を固定。
※Optionを押すと鋭角な星形を作成。
※ドラッグ中にで頂点の数を変更できます。

Point
Shiftを押したまま描くと、高さと幅の長さが同じ図形を描くことができます。
Optionを押しながらドラッグすると、ドラッグ開始場所が図形の中心となります。楕円を描く途中で“⌘”を押すとクリックした場所を起点に描けます。

練習4 「角丸長方形ツール」で角丸長方形を描いてみよう。

ドラッグして描く場合

①図形ツールを長押しして、「角丸長方形ツール」を選択します。
②下記のように、点から点へクリック&ドラッグ

数値を指定してクリックして描く場合

「角丸長方形ツール」を選択した状態で画面をクリックして下記のように数値を指定します。

練習5 オブジェクトの角を丸くしてみよう。

一度、すでに作成している図形を、後から角丸に設定したい場合に使用します。
①オブジェクトを選択します。
「効果」「スタイライズ」「角を丸くする」

2.パスのアウトライン

イラレで線と長方形を一つの複合パスにしたい時などに線に太さがある状態ではパスファインダーなどが使用できません。
その場合はパスのアウトラインを実行します。

練習 パスのアウトラインを作成してみよう。

①オブジェクトを選択します。
「オブジェクト」「パス」「パスのアウトライン」を実行し、パスを図形に変換します。

※パスのアウトラインを実行すると、パス(線)に設定された色の輪郭をトレースしたような図形が生成されます。

3.不透明度の設定

イラストレーターではさまざまなオブジェクトの透明度を調節することができます!
オブジェクトの塗りや線、個々のアピアランス、テキストやブラシ
レイヤーごとにも透明効果を適用することが可能です。

練習1 オブジェクトの不透明度を変更してみよう。

①建物のイラストの“窓部分”「選択ツール」で選択します。


「透明パネル」で不透明度を“30%”にしてみましょう。

練習2 不透明マスクを適用して、だんだんと消えていくような画像を作成しよう。


①不透明マスクに使用する図形を「楕円形ツール」を用いて“幅:40mm”“高さ:40mm”で作成。
スウォッチからグラデーションを選択しましょう。


②マスク用に作成した円とイラストを同時に選択。
「透明パネル」より、「マスク作成」をクリック。

Point
不透明マスクは、写真や画像などによく使われます。
※白と黒のグラデーションでなければなりません。
※透明では適用されません。不透明度100%で実行しましょう。

4.クリッピングマスク

“クリッピングマスク”を使用すると、写真やイラストを図形の形で切り抜いたように見せることができます。

練習 写真をクリッピングマスクして、うまくレイアウトに収まるように加工してみよう。


①記事の空いているスペースに、画像を配置します。まずは記事の空いているスペースに画像を移動します。



②写真の大きさが大きいので、文字の上にはみ出してしまっています。その部分をクリッピングマスクで切り取ったように加工するため、「長方形ツール」で写真の上に長方形を描きます。



③描いた長方形を写真を両方選択し、メニューバーより「オブジェクト」→「クリッピングマスク」→「作成」を選択します。
または、ショートカットキーだと“⌘+7”ですぐに切り取れます♪

Point
クリッピングマスクをするときは、マスクする図形を写真やイラストの前面に配置しないとうまくいきません。
また、クリッピングマスクを実行した後は、写真と図形がグループ化され、階層も最前面となり、図形の色は消えてしまいます。

5.オブジェクトへの効果の適用

ドロップシャドウ

文字でも図形でも、影があるのと無いのとでは見た目が大きく変わります。
ドロップシャドウは、最も簡単で多く使われているツールです。文字の背景が写真でも、ある程度読みやすくなる影です。

練習 オブジェクトに影をつけてみよう。


①選択ツールでつばめのイラストを選択し、メニューバーより、「効果」「スタイライズ」「ドロップシャドウ」を選択。


②ドロップシャドウの設定画面が表示されたら、プレビューにチェックをして画面を確認しながら、下記のように設定してみよう。


③一度設定が済んだら、設定をいろいろと変更してみよう。
一度“OK”を押した後、再度設定を変更する場合は、「アピアランスパネル」を使用します。

スタイライズ

「スタイライズ」効果で、選択したオブジェクトに影や角を丸くするなどができます。

練習 図形を光らせたように加工しましょう。

①「選択ツール」で、LIHの文字を選択し、メニューバーより、「効果」「スタイライズ」「光彩(外側)」を選択。


②「選択ツール」で、LIHの文字を選択し、メニューバーより、「効果」「スタイライズ」「光彩(内側)」を選択。

パスの変形(ジグザグ)

ペンツールでジグザグ・波線を描くことはできますが、それではちょっと時間もかかるし大変です。「効果」を使用して簡単に均等なジグザグ・波線を作ることができます。

練習 パスをギザギザや波形にしましょう。

①パスを選択します。
「効果」「パスの変形」「ジグザグ」

パンク・膨張

選択したオブジェクトのアンカーポイントの部分を凹ましたり、膨らませたりすることができます。

練習 オブジェクトを収縮・膨張してみよう。

①オブジェクトを選択します。
「効果」「パスの変形」「パンク・膨張」
アンカーポイントの位置が数値を小さくすれば外側に移動し、大きくすれば内側に移動します。

6.まとめ

今回はイラストレーターの使い方ご紹介パート3ということで、図形を描いたり、画像を切り取ったり、影を付けたりなど、デザインを行う上で初歩的かつとても使用頻度の高いツールをご紹介しました。
印刷用・WEB用ともに使えるデザイン方法の基礎なので、しっかり覚えましょう♪