「ホームページ制作 格安」などで検索をすると日本全国のいろいろな制作会社が出て来ます。
5ページ50,000円〜、初期費用0円で月々3,000円〜など、お得そうなキャッチコピーが並んでいるのをよく目にするかと思います。
もちろんホームページを安く作れるに越したことはありませんが、実際のところこういった格安制作会社に依頼して大丈夫なのか…。「安い=失敗する」なんてイメージがある方も多いのではないでしょうか。

今回は、安くホームページを作りたい方に向けた、失敗しないホームページ制作会社の選び方をご紹介します。

【目次】
1.失敗する理由とは?
2.デザインテンプレートを使用しているケース
3.システムテンプレートを使用しているケース
4.フリーランスに依頼するケース
5.まとめ

1.失敗する理由とは?

ホームページ制作会社を選ぶうえで失敗する原因は、依頼する側の作ってほしいホームページと、制作側の作ることができるホームページが一致しないことから生まれるものです。

分かりやすくいうと、システムに強い制作会社にデザイン性を求めたホームページを依頼してしまうと、「理想通りのものができない…」こういった失敗が起きやすくなります。

そのため、費用が安いからといって失敗するというのは一概に言える事ではありません。
とはいえ、格安で提供できるのにはそれなりの理由があります。そしてその理由には必ず良し悪しがあります。
安いというのは悪いことではありませんが、「なぜ安いのか」その理由をしっかり理解しておかないと、結果的には高くついてしまうような場合も少なくありません。

依頼する制作会社は、理想とするホームページを低価格でどこまで実現出来るのか、そして価格の安さの良い面と悪い面をしっかりと見極めたうえで依頼を行う必要があるのです。

以下では、ホームページを安く提供出来る理由と、その理由の良い面・悪い面をご紹介します。

2.デザインテンプレートを使用しているケース

通常ホームページを制作する際には、

①ホームページのデザインを制作する
②デザインに沿ってホームページを構築する

この2つの過程が必須となります。

ところが制作会社がいくつかの基本となるデザインテンプレートを用意していた場合、①の作業、つまりホームページのデザインを制作する必要がなくなるため、ある程度安く制作することが可能となります。

この場合、ホームページのデザイン、レイアウトが固定されているので、依頼できることとしては写真や画像、テキストの差し替えのみとなります。レイアウトやデザインの変更を依頼したい場合、制作会社によっては別途費用が発生するケースがありますので予め確認しておくのが良いでしょう。

前述の通り、いちからデザインを制作するわけではないので、オリジナルのデザインのホームページにすることはできません。テンプレートデザインとご自身の希望をすり合わせて、テンプレートでイメージ通りのホームページができそうか、できない部分はどのように対応をしてくれるのかどうか、そしてそれがどれくらいの費用になるのかをしっかりと確認しておく必要があります。

3.システムテンプレートを使用しているケース


上記のデザインテンプレートをシステム的に提供しているサービスになります。特徴としては、CMSという管理画面で簡単にホームページを更新できるシステムを利用しており、Webに知識のない方でも更新を行いやすくしてあります。
ホームページでブログを発信したい方や、ご自身で特定のページを更新したいという方には、こういったシステムテンプレートを提供している制作会社に依頼することをお勧めします。

最も有名なCMSといえば、WordPress
ほとんどの制作会社はこのWordpressを利用したテンプレートを提供しており、デザインテンプレートと同様に、デザインのパターンをいくつか用意することで制作の効率化と低価格販売を実現させています。

提供されるテンプレートによってはデザインに縛りがあったり、システム的にも出来ること・出来ないことがありますのでご自身のホームページでやりたいこと明確にし、デザインやシステムにカスタマイズが必要であればその予算等もしっかりと確認しておく必要があります。

4.フリーランスに依頼するケース

一般的な制作会社の場合、制作に関わるスタッフだけではなく、その会社の営業や事務員など多くのスタッフが関わってホームページが制作されています。そのため、お客様のホームページ費用の中には、そういった人件費が含まれた費用になっているのです。

それに対してフリーランスの場合は、全ての業務を自分で行っているため、制作会社と比べれば圧倒的に価格が安くなる場合が多いといえます。
制作会社に依頼するより格安でつくれるのであれば、フリーランスに依頼する方が断然お得だといえますが、同時に大きなリスクを背負うことになります。

制作会社は替えがききます。担当者が仕事を辞めても急病であっても代わりの担当を立てて業務を継続させることができます。しかしフリーランスの場合は替えがきかないため、担当者に何かあって連絡が途絶えてしまった場合は、ホームページが未完成のまま終わってしまうということもあり得るのです。
ひどい場合は、勝手に音信不通になってしまうケースもあるようです。

更にはホームページの質にも幅があり、クオリティの高い人もいれば、近年の副業ブームにのってWeb制作を始めたばかりという人もいます。フリーランスに依頼をする際には、しっかりと契約書を交わし、実績をみた上で検討すると良いでしょう。

5.まとめ

以上の通り、制作会社によって安くホームページを提供出来る理由はさまざまあります。
低価格な分、何が制限されるのか。そこをしっかりと理解し、ご自身の希望とマッチする制作会社を選ぶのが失敗しないポイントだといえます。

ある程度、目的や理想とするホームページ像が見えていれば、制作会社選びに悩むことも少ないかと思いますが、

中には

・ホームページで何が出来るのかわからない
・希望とするホームページ像はないけれど、とりあえずホームページを持ちたい

こういった方もいらっしゃるかと思います。

当社ではご予算やご希望をしっかりヒアリングし、理想のホームページを制作するお手伝いを致します。
制作会社選びにお悩みの方は、ぜひ一度ご相談ください。

ご相談はこちらから