補助金活用したホームページ制作
SUBSIDY

日本商工会議所が行っている小規模事業者持続化補助金、または各自治体などが行っている助成金や補助金を使ってホームページを作る方が増えております。

特に弊社でも多く活用いただいているのが、小規模事業者持続化補助金となります。

小規模持続化補助金とは

“持続的な経営に向けた経営計画に基づく、小規模事業者等の地道な販路開拓等の取組や、あわせて行う業務効率化の取組を支援するため、原則50万円を上限に補助(補助 率:2/3)するものです。”

詳しくは「日本商工会議所 小規模事業者持続化補助金」よりご確認ください。

http://jizokukahojokin.info/

新たな販促用PR(ホームページ制作費、媒体での広告、ウェブサイトの広告)やネット販売システムの構築が含まれます。

その際にネックとなるのが納期です。

補助金や助成金を利用する場合、申請日が決まっているために割と短納期のケースが多いです。

申請締切間際になっての駆け込み申込で折角の機会でどうしようと悩んでしまう方へ、弊社では補助金の申請日にあわせたサイト作成にも対応致します。
※補助金活用で昨年は全国15例ほどご利用いただいております。

補助金を使ってホームページを作るメリット

  • 制作費の自己負担軽減になる(補助金や助成金の額によって変わりますが、半額自己負担~3分の1自己負担で済みます)
  • 予算をかけて頂く分、より理想的な HP に仕上がります。
  • 条件を満たしていれば申請可能。

また補助金や助成金は事業者のある各自治体や商工会議所などで内容・条件など様々です。

         

申請も含めてご希望の方は、作成サポートも可能です。もしくは、弊社より補助金や助成金の申請に対応可能の弊社パートナー をご紹介します。

まずはお気軽にお問い合わせください。

2020 年度弊社で福岡県内の事業主様に対応している補助金や助成金は下記になります。

詳しくは公募要領をお読みになり、お早めにお問合せ下さい。

小規模持続化補助金(コロナ特別枠)

https://r2.jizokukahojokin.info/corona/

補助額:最大100 万円(3/4)を補助

用途:販路開拓に伴うWEBサイト制作や販促物の制作など。(「サプラチェーンの毀損へ の対応」、「非対面型ビジネスモデルへの転換」、「テレワーク環境の整備」のいずれか一つ 以上の投資に取り組むこと)LIH では非対面販売やテレワーク環境の整備にご利用いただけます。

詳しくはこちら